CAMIYUという名の由来

 

この『CAMIYU』とは、クリエーションチーム、表現者の集まりに進化した形の名前。まずは、亀谷遊香が俳優としてつけた名前からはじまり、その者の脳にあるものを企画ごとに具体化させる、俳優でもあり、ダンサーでもあり、歌手でもあり、すべての表現を奏でるアーティストが集まっている。

 

「女優としてCAMIYUという名はどうですか?」
という問いに、15世紀からあるタロット出版会社の唯一の子孫CAMOINの
タロットカードは合計33という数字を示した。「神さまの数字ですね、それもCAMIYUって神遊って書けるし...宇宙のメッセンジャー、まさに役者の始まり'GOOD PLAY'じゃない?」と隣の友達が言った。はじめ人間ギャードルズ?原始的なことが好きな私「神遊び」その発想が気に入った。


翌日、名前も決まったし、隣の神社でお参り、お札を引く。

『今日も清々しく、ぶ』....んン?
神(紙?w)が現れたのか、悪魔に騙されているのか、どちらにしても書かれた文字が偶然だろうけど不思議だった。「決定だね!」カードの過去は父の冠を外すと示し、未来は「神の家」のカード、家族の名前から社会(組織)になると示していたからか、今、CAMIYUは、亀谷遊香 アート制作のプロダクション名ともなる。ほんとわたしの人生って、作り話しみたいで不思議なことがいっぱい。私の平和への願いは天に届いてると感じた。


もとは亀谷遊香(かめたにゆうこ)という名前の省略。そして、「異邦人」で有名なアルベート・カミュ(作家)が好きなのも大きな理由かな。お酒のカミュとか、アニメの「セント・カミユ」も戦うって魂では私の中でありだったのよね。

CAMIYUは原点、表現者としての初心」を忘れないためにつけた冠、女優名でもあり、ブランド名でもある。いや、ある意味、しっかり役目を果たすための孫悟空の緊箍児(きんこじ)なのである。

 

これからの地球にはいろいろな事が起こるでしょう。その時こそ、真の力になる愛、魂の叫び、生命エネルギーを共有し合い、自然との調和や交流を私たち一人一人が気づき、高めていきたいものです。すべてに愛をもって、平和を目指し、メッセージを込めた愛の表現を届けます。私の喜びはみなさまと分かち合うこと、悲しみや苦しみを癒すこと、それは踊りとなり、歌となり、語り合い...感動、微笑むことにつながっていく。きっと、人々や自然との関わりのなかで忘れがちな「何か」をこれからもずっと、この活動とともに体感、共感できることを信じていこうと思う。

 

*2003年にフランス・パリで設立した、国際芸術協会 AIKA
(l'Association Internationale de Kametani yuko et des Artists)は、
2008年の亀谷遊香の帰国をもって活動停止を致しました。
支援してくださったスポンサーやスタッフ、アーティスト、
そしてファンや応援者の方、長い間、本当にありがとうございました。

 

いつまでも子どものように無邪気なまま。
人であっても、人々であっても。

CAMIYU | Art production

  • Facebook Black Round
  • Facebook - Grey Circle
  • Facebook Social Icon

© 2015 by CAMIYU | Art production