zen


金沢の鈴木大拙館。

踊りも歌も、作品を描くときも、 時を感じない(無心)空間を大事にしている。 でも、なかなか理想どおりにはいかない。

この建物のある空間に入った瞬間に、 探していた居場所みたいなものを感じた。 「...無になる」

次の作品のためにも、 金沢に帰ってきた際には必ずここにこよう。 ここに数時間座っているだけで、心が透き通る。

ここには言葉の中心「無」が存在する。

子供の頃に山で踊ってたように、 外国の冬の海、浜辺で踊っていたように。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
Search By Tags
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square